【ヒゲが濃い原因】ヒゲを薄くする方法は2つだけです。

ヒゲが似合う人ならヒゲが濃いことは魅力的に見えるかもしれませんが、ヒゲが濃いことで悩んでいる人もたくさんいます。

実際の対処方法について知る前にヒゲが濃い理由、そしてそれに対してどうすれば良いのかを知っておきましょう。

男のヒゲが濃い原因

ヒゲの濃さには個人差があります。その中には遺伝によるものもあれば、後天的な理由でヒゲが濃くなっている人もいるのです。それでは、その原因はどこにあるのかという話になります。その原因を知ってこそ適切な対処ができるので、しっかりと知識を身につけるようにしてください。

【原因その1】男性ホルモン

まずヒゲが濃い原因として、男性ホルモンが過剰に分泌されているというものがあります。男性ホルモンであるテストステロン、そして女性ホルモンのエストロゲンは有名です。このホルモンのバランスがしっかりと整った状態なら、ヒゲが濃くなることはほとんどありません。しかし、何らかの原因でホルモンバランスが崩れてしまうと、毛を濃くする働きのあるジヒドロテストステロンが多くなり、ヒゲが濃くなってしまうのです。

ホルモンバランスが崩れてしまう理由にもいろいろとありますが、その中でも注目をしたいのが生活習慣の乱れです。かたよった食事や夜更かしをして睡眠時間が短くなっているなどは、体内のホルモンバランスに大きな影響を与えます。

たとえば普段から肉ばかり食べてあまり野菜を食べない人の場合、男性ホルモンがどんどん分泌されてしまうのです。また、野菜を食べるといっても、ネギやニンニクなどは男性ホルモンの分泌を促進する効果があるので気をつけてください。

焼き肉などに行ってキムチをたくさん食べる場合も同じことが起きるので、どんな食べ物がホルモンバランスに悪影響を与えるのかはしっかりとチェックしておいてください。

【原因2】髭剃り時に負担のかかる処理をしている

もうひとつ注意をしたいのは、ヒゲを剃るときに負担のかかりやすい処理をしている場合です。シェービングジェルを使わずにヒゲを剃る場合や、剃るときにいきなり逆剃りをしてしまうと、肌がダメージを受けてしまいます。そうなると肌は自分を守るために、それまでよりも濃い毛を生やそうとするのです。

普段の生活を見返して、ヒゲが濃くなる原因に当てはまるものがあれば、先ずはそれを取り除いたり押さえたりすることから始めてみてください。

濃いヒゲを薄くする為の対処方法

すでに濃いヒゲになっている人が、その髭を薄くするためにはどうすれば良いのか。体質的なものだからと最初から諦めてしまっている人もいますが、一度どんな方法があるのかは確認してみてください。

先にも書いた生活習慣の乱れから来るホルモンバランスや、肌を傷めるような髭の剃り方をしている人は、まずそれを避ける必要があります。また、同じく肌がダメージを受ける紫外線を避けることも、濃いヒゲを薄くするためには効果的な方法です。

ちなみにヒゲを目立たなくする方法として日焼けをして肌を黒くするというものもありますが、この方法はおすすめできません。これはヒゲを薄くするのではなく結果的に目立たなくしているだけです。そして何よりも日焼けをすることは少なからず肌がダメージを負ってしまうことなので、かえってヒゲが濃くなってしまうこともあります。最初はあまり目立たなくても、紫外線が原因でヒゲが濃くなれば、結局ヒゲが目立つようになってしまうのです。

日々の生活でストレスが溜まっている人は、そのストレスをため込みすぎないように気をつける必要があります。過剰なストレスはホルモンバランスの乱れにつながってしまうからです。

ストレスが溜まりすぎると、脳が混乱をしてしまいます。そのような状態になってしまったら、普段通りの命令を出せなくなってしまい、体のさまざまな部分で悪影響を受けてしまうのです。

ほかにもヒゲを薄くするための方法はありますが、ここからは二つの方法についてより細かく紹介をしていきます。

抑毛ローションを使う

抑毛ローションは、その名前の通り毛を抑える効果があるローションです。すでに生えてしまっているヒゲに対して働くというよりも、これから生えてくるヒゲを抑える効果があります。

使い始めのうちは効果を実感できないかもしれませんが、毛にはヘアサイクルというものがあります。男性のヒゲの場合は1~2か月もすれば生え替わると言われているので、最低でも2か月は使い続けるようにしてください。

ヘアサイクルによって濃い毛が抜け落ちた後で、抑毛ローションによって生えてくる毛が細くなっていれば、目に見えて薄くなった効果を実感できるようになります。

この抑毛ローションは、特に体へ害がある成分を使っているわけではありません。単純に男性ホルモンの働きを抑える効果があるものです。ヒゲが薄くなれば、それだけ髭剃りの負担も抑えられます。そうすること肌へのダメージも抑えられるようになるので、さらにヒゲが濃くなることを防げるようになるのです。

抑毛ローションを使うときは、ヒゲを剃った後がおすすめです。そうすることによってローションの成分がより毛穴の奥まで浸透しやすくなります。このように対処方法にもこだわることで、高い効果を得られる可能性は高くなります。

ヒゲの一本一本が細くなれば、皮膚の下からも見えることで起きる青ヒゲ状態も回避できます。もともと皮膚が薄い人の場合はヒゲが濃くなくても青くなってしまうこともありますが、そのリスクを少しでも抑える方法があるなら積極的に取り入れてみてください。

ヒゲ脱毛をする

ヒゲが濃い悩みを持っている人にとっての対処方法で、確実な対処をするならヒゲ脱毛があります。これは脱毛サロンやクリニックを利用するもので、ヒゲ自体を取り除いてしまうわけです。

ヒゲ脱毛にもいろいろとあり、一番効果的なのは医療レーザーを使ったクリニックでの脱毛です。ただしどんな脱毛方法でも、100%ヒゲがなくなるわけではないので注意してください。時間をかければどんどんヒゲを抑えられるようになりますが、それだけ多く通う必要があります。目安としてはヒゲの量にもよりますが、サロンでの脱毛なら10回、クリニックでの脱毛なら5回通えばヒゲ脱毛の効果が実感できるでしょう。

ヒゲの悩みから解放されるならヒゲ脱毛ですが、そこまで時間とお金をかけるのは難しい場合もあります。あくまでもヒゲを薄くすることが原因なら、ある程度の段階まで脱毛を受けて、あとは自分で剃るようにするのもひとつの方法です。これを減毛と言いますが、むしろ減毛にする人の方が多数派です。

これならヒゲ脱毛にかかる時間とお金を最小限のものにでき、自分で処理をする必要はありますが以前よりも軽くなるのでとてもバランスが良いです。濃いヒゲの対処方法も、どの程度まで対処をするのかによって差が出てきます。

脱毛ということなら毛抜きを使う方法もありますが、これはなかなか大変な作業です。肌へのダメージもかなり大きなものになるので、しっかりとケアをしなければ逆にヒゲが濃くなってしまうこともあるので注意してください。

少しでもリスクを抑えるなら、専門家へ依頼する方法が一番です。もちろんここで紹介をしたヒゲを薄くするほかの方法と組み合わせることも忘れないでください。その人によってヒゲが濃くなる原因には違いがあるので、先ずはできることを全部試してみるくらいの気持ちでいてください。

ここまでいろいろな情報を紹介してきましたが、ヒゲが濃いからといってあきらめる必要はありません。個人差があるといってもヒゲを薄くする方法はしっかりとあるので、まずはできる範囲から始めてみてください。最初から無理をしすぎると、面倒くさくなって止めてしまうので、そうならないように気をつけましょう。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です