髭剃り後の肌荒れの治し方・対策やケア方法は?

髭剃りのせいで肌荒れになると、ヒリヒリして痛く、ニキビのような赤いブツブツができることがあります。

肌荒れは早く治したいですが、自宅の薬箱に入っているような常備薬で髭剃り負けの肌荒れも治せるものでしょうか。

ニキビやアトピーの薬など良さそうなのがあるからと、何でも塗るものは考え物です。そこで、髭剃りの肌荒れの効果的な治し方を見ていきましょう。

髭剃り負けに使ってはいけない薬

髭剃りによる肌荒れではニキビのような赤いブツブツができることがありますが、ニキビと思ってニキビ治療薬を使うのは早計です。

見た目はニキビと同じでも、髭剃り負けの赤いブツブツは原因も特徴も異なるため、ニキビ用の薬を塗ると悪化してしまうことがあります。

特に、ニキビ用の薬に含まれることの多い硫黄は危険です。

硫黄には皮脂を吸収するという作用があり、皮脂の詰まりが原因のニキビには効果的なのですが、髭剃り負けの場合、肌が乾燥し過ぎて肌荒れがますますひどくなってしまうことがあります。

また、アトピー用のステロイド外用薬も使ってはいけません。アトピー性皮膚炎とは免疫の過剰反応が引き起こす炎症であり、ステロイド外用薬はその免疫を抑制するための薬です。

一方、髭剃り負けの肌荒れは、カミソリでできた皮膚の傷から雑菌が侵入することによって起こります。

ステロイド外用薬を使うと雑菌に対する抵抗力が抑制されてしまうため、髭剃りによる肌荒れには使ってはいけないのです。

髭剃りによる肌荒れにはオロナイン軟膏

ご家庭にある薬で髭剃りによる肌荒れにおすすめなのはオロナイン軟膏です。

止血作用のラウロマクロゴールや殺菌作用のグルコン酸クロルヘキシジン液がオロナイン軟膏には含まれており、傷口の止血と雑菌の抑制の二つの効果が一度に期待できます。

また、硫酸アルミニウムカリウムという成分も含まれていますが、これはミョウバンの一種で、止血とともに肌を引き締める作用もあり効果的です。

ただ、オロナインに抵抗を感じる人もいるでしょう。そういう人はオロナイン皮膚症を気にされているのではないでしょうか。

オロナイン軟膏は昔からありますが、昭和40年代に、オロナイン軟膏を長期間使用することで肌の潤いがなくなりガサガサに荒れてしまうことが問題となりました。

それがオロナイン皮膚症なのですが、その原因は当時のオロナインの軟膏基材として用いられていた陽イオン界面活性剤です。

この成分には脱脂作用があり、皮脂を吸収するという性質があります。

しかし、現在ではオロナイン皮膚症は存在しません。というのも、現在の製品である「オロナインH軟膏」には陽イオン界面活性剤が使われていないからです。

また、オロナイン軟膏にはニキビを治す効果もありますので、髭を剃る部分にできたニキビに使っても安全です。

オロナイン軟膏以外の製品ならニベア


ニベアもご家庭に一つはあるお馴染みのケア用品です。

ニベアは保湿を目的とするクリームで、グリセリン、ワセリン、ミネラルオイルなどがその成分の中心となっています。ですので、髭剃りによる肌荒れにも保湿効果が期待できるでしょう。

ただし、ニベアにはオロナイン軟膏のような殺菌成分は入っていないため、髭剃り負けで出血などがある時はオロナイン軟膏の方が向いています。

また、オロナイン軟膏にもニベアにも配合されているワセリンですが、これ単体でも保湿効果はあります。

髭剃り負けの顔に塗っても大丈夫です。しかし、これも殺菌成分は含まれていないため、オロナイン軟膏の方が総合的には適していると言えるでしょう。

オロナイン軟膏を使った肌荒れのケアの方法

まず、かゆみや痛み、ブツブツができている部位をよく冷やします。冷水で洗顔するだけでなく、保冷材や冷凍庫で冷やしたタオルなどでよく冷やした方が毛穴の引き締めに効果的です。

冷やすことで血管が収縮され、かゆみや炎症を抑えてくれます。

また、毛穴が引き締められると、雑菌が内部に侵入することを防げるため、これ以上肌荒れをひどくしないためにも大切なことです。

肌が十分冷えたら、オロナイン軟膏を適量取って肌荒れ部分に塗り広げてください。オロナイン軟膏の止血・殺菌成分が肌をダメージから回復するのに作用します。

毎日、こうしてオロナイン軟膏を使ったお手入れを続ければ、肌荒れになりにくい肌になることも期待できますが、たまには髭剃り自体をお休みする日を作った方がよいでしょう。

なんといってもカミソリの刃で直接肌を削る行為ですから、目に見えなくても肌への負担は非常に大きいです。

仕事の都合上、出勤時に髭剃りが欠かせないという人も多いでしょうが、休日など髭を剃らない日を作ってもよいのではないでしょうか。

毛嚢炎の場合

髭剃りによる肌荒れが悪化すると、毛穴の奥深くの毛根を包む毛包の部分が炎症を起こすことがあります。

これを毛嚢炎(もうのうえん)と言いますが、原因は皮膚に常在する黄色ブドウ球菌の仕業です。ちょっとした肌荒れなら大丈夫ですが、免疫力が低下した状態では発症しやすくなります。

軽度ならオロナイン軟膏でも改善できますが、毛嚢炎がひどくなると強い痛みや発熱まで伴うことがあります。

その場合は自己治療より、皮膚科で専門的な治療を受けるべきでしょう。

また、毎日ケアしていてもなかなか治らない場合や、何度も再発する場合なども、早めに皮膚科を受診した方がよいです。

肌荒れしにくい肌作りが大切

このように、髭剃りによる軽度な肌荒れならオロナイン軟膏が活躍します。ニキビにも用いることができるので、赤いブツブツがニキビなのか毛嚢炎なのかわからない場合にも安全です。

しかし、何より大切なのは、肌荒れしない健康な肌を作ることです。髭剃りの準備ややり方、髭剃り後のケアに注意することはもちろんですが、睡眠や食事が乱れていると健康状態が悪化して肌の調子も悪くなってしまいます。

そうなっては、いくら髭剃り時にケアをしても、何度も肌荒れを起こすことになってしまいますので、生活習慣を今一度見直してみましょう。

なお、生まれつき肌が弱く、どんなに気を付けてもすぐに肌荒れになってしまうという人は、脱毛や、逆に髭を伸ばすなど、髭剃りをしない方向も検討することをおすすめします。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛