湘南美容外科のヒゲ脱毛は痛いのか。麻酔の有無、メディオスタープロなら痛くない?

出典:湘南美容外科クリニック

今回は最新の脱毛器・メディオスターNextProを使った湘南美容外科のヒゲ脱毛について、その痛みの程や、なぜ痛みが軽減されるかなどを徹底検証してみましょう。

2019年7月時点の情報では、湘南美容外科では脱毛器を選べないとの事です。なので、痛くない脱毛器を希望する場合は、受ける前に院に相談してみて下さい。

湘南美容外科のヒゲ脱毛は痛いの?痛くないの?

『クリニックの医療レーザー脱毛を使ったヒゲ脱毛は痛い!』という声がネット上では見られます。

確かにエステのフラッシュライトや光脱毛と比較すると、その痛みは強いというのが専らの話です。

そして、その痛さゆえにヒゲの永久脱毛を諦めてしまう人もたくさんいます。

もちろん、医療レーザー脱毛は毛根に熱を加えるという方法なので、ある程度の痛みは仕方ないことです。

ですが最近は新しい医療レーザー脱毛器の開発が進み、痛みに関してもかなり改善が加えられているのをご存じでしたでしょうか?

その代表的な脱毛器がメディオスターNextProです。

有名クリニックの「湘南美容外科」や「ゴリラクリニック」ではいち早く導入がなされていて、「痛くないヒゲ脱毛でなければダメ!」という男性陣がこぞってメディオスターNextProのあるクリニックに殺到しているとの噂が出ています。

では、痛みの少ない湘南美容外科のヒゲ脱毛について説明する前に、そもそもなぜヒゲ脱毛がそれほど痛いのかについて簡単に説明しておきます。

医療レーザーなどのヒゲ脱毛が痛い理由

男性は女性と比べると、相当に痛みに弱い生き物である事は周知の事実です。

女性は気絶するレベルの痛さが生じる陣痛を丸一日耐えきることができます。

まず、男性の忍耐力の低さがヒゲ脱毛の痛みを感じやすくさせているのは間違いないでしょう。

そしてヒゲ脱毛自体に痛みを発生させる原因があります。

それはレーザー脱毛によって毛穴の中が火傷にも似た状態になるからなのです。

口の周辺にはたくさんの毛穴があって、それらが一斉に炎症状態になったとしたらどうでしょうか?

その状態ではちょっと寝付けない事もあるでしょう。

術後の痛み・ズキズキと疼く痛みに耐えきれなくなり、施術を途中で止めてしまうケースが頻繁に見られます。

もちろん痛み止めなどで対処しますが、この痛みはなかなか厄介だと言えるでしょう。

具体的に説明しますと、従来の医療レーザー脱毛は、毛穴の深部に埋まっている毛根内のメラニン組織をレーザーで発熱させ、その熱で発芽細胞もろとも毛母細胞組織を完全破壊します。

つまり体毛内の黒い部分に光を吸収させ、その光エネルギーが熱変換することで発熱する仕組みです。

画用紙を黒く塗って、そこに虫メガネで太陽光を一点集中させた時の現象と同じ現象です。

光が集中して当てられている部分が燃え出すのはご存知でしょう。

こうして毛穴内は高熱を溜めこむ事になります。

この発熱量は体毛内や肌内のメラニン量や、毛の太さ・密度によって大きく変わってきます。

ヒゲは体毛の中でも太い毛が生えますし、その密度も相当濃いですから他の部分よりも痛みが強くなるのです。

湘南美容外科のメディオスターのヒゲ脱毛があまり痛くない理由とは?

メディオスターNeXT PROを実際に経験した口コミをチェックしますと、『ちょっと痛い』とか『チクリと痛みがあった』というレベルの声が多く見られます。

ヒゲ脱毛でこの感想は、レーザー脱毛の体験者にはちょっと考えられないことでしょう。

ヒゲ脱毛の場合は術中に麻酔ナシでは耐えるのが難しい方が多く、術後は痛み止めの薬が手放せないというのが普通です。

でも、なぜそれ程痛みが軽減されるのでしょうか?

その理由は脱毛システム自体がレーザー脱毛と違うからです。

メディオスターNeXT PROは従来型の毛根破壊型の脱毛システムではなく、それよりも浅い部分にある「バルジ領域」をじんわりと熱で焼いていくソフトな脱毛システムになっています。

この「バルジ領域」とは、毛根よりも浅い毛穴の肌内に設置された幹細胞で、毛の生成に必要となる細胞を作っている領域です。

バルジ領域で生成された発毛因子が毛母細胞となって毛根部に定着し、毛乳頭からの栄養を元にして発毛を促進するとされています。

ですから、この部分を破壊するだけで発毛がストップします。

メディオスターNeXT PROはそういった施術をするマシーンなのです。

具体的には、毛をじんわりと加熱させてその熱量をバルジ領域に蓄熱させていきます。

この加熱作業はメラニンによる発熱ではありません。

あくまでバルジ領域に集中した破壊攻撃となり、このレベルの熱なら毛穴の細胞組織は軽く炎症を起こす程度で済みます。

もちろん痛みはありますが、我慢できない程強いものにはなりません。

このやり方ですと肌内に多くのメラニン色素を含む日焼け肌や、もともと色黒の人でも施術を受けられるというメリットが出てきますし、レーザーやフラッシュライトが苦手とする産毛や白毛でも処理できるのは優れたポイントです。

またメディオスターには-10℃の冷却風を噴出する装置が付いていて、必要以上の熱を取り除くように調整をしながら施術部分の肌ダメージを軽減します。

こうすることで炎症が抑えられ、術後のダウンタイムも軽いものにしてくれて大きなメリットになります。

メディオスターNeXT PROを採用している医院をリストアップ

  • 札幌院
  • 湘南メディカルクリニック仙台院
  • 秋葉原院
  • 新宿レーザー院
  • 西新宿男性レーザー院
  • 名古屋院
  • 湘南メディカルクリニック大阪院(大阪レーザー院)
  • 福岡レーザー院

*2018年11月現在では上記の8院で導入されています。その他の医院では従来型の医療レーザーを使っていますので、ヒゲ脱毛を申し込む際はしっかりと確認を取るようにおすすめします。

どうしても痛いのが嫌な方は麻酔をお願いしましょう!

湘南美容外科では、痛いのが無理という方に麻酔を施しています。

こちらで採用している麻酔は笑気ガスです。

マスクからガスを吸い込むと数分後には全身が麻酔状態になり、脱毛の痛みは全く感じなくなります。

オプションケアですので、事前に依頼しておくと良いでしょう。

【ヒゲ・脇・VIO・全身が安い】湘南美容外科のメンズ(男)脱毛の特長・料金まとめ

2018年2月12日

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛