男のアンダーヘアの処理方法8種まとめ!各メリット・デメリットを解説

女性がVIO脱毛を行うのは珍しい事ではありませんが、今や男性もアンダーヘア脱毛で下半身イケメンになる時代です。

今回は男性が秘かに行っておきたい男性向けVIO脱毛について詳しく紹介しておきましょう。

男性がアンダーヘアを処理するメリット

男性のエチケットの範囲がどんどんと広くなっている現在、口臭や体臭ばかりでなく、女性と同じようにムダ毛処理にまで及んでいる事をご存知でしたか?

若い世代の男性は、全身で気になっているムダ毛をキレイに処理したいと願っているケースが増えています。

その中でも重要なのがアンダーヘアです。

多くの男性が裸になった時に格好良く・美しく見えるルックスを気にするようになっています。

では、アンダーヘアを脱毛処理するメリットはどんなものがあるでしょうか?

その1:トイレで拭く回数が減る

肛門周りを含むお尻全体の体毛をキレイに脱毛すると、大便をした後のケアが非常にラクになります。

ハッキリ言えば、トイレットペーパーでさっと拭くだけで済んでしまうのです。

肛門周りの毛が濃いと、しっかりと拭いたつもりでも拭き残しが必ず出てしまい、それが嫌な臭いを発したり、肛門部分に雑菌が繁殖したりと不潔さを助長させています。

自分では気付いていない人が多いのですが、周囲の女性は敏感に感じ取っているもので、ケツ毛処理はしておいた方が良いでしょう。

その2:陰毛が落ちない

体毛はターンオーバーサイクルに合わせていつも生え変わっています。

ということは陰毛も抜け落ちでいるということで、それはパンツやズボンにくっ付いていることがあります。

部屋を掃除すると、かなりの量の陰毛が落ちていることに気付くでしょう。

この毛をもし彼女の部屋で落としてしまったらイメージダウン必至です。

そこで男性もVIO脱毛を行って、陰毛の量を減らしておくのは得策です。

場合によってはまるまる脱毛する男性もいます。

これで抜け落ちる量も軽減され、恥ずかしい思いをしなくて済むでしょう。

その3:女性に高評価

『生理的に嫌い・受け付けない』という項目が多い女性にとって、男性のムダ毛を嫌悪する率が非常に高いです。

指毛や長い眉毛でさえも毛嫌いする女性は多く、男性はその事実を理解していません。

ある女性週刊誌のアンケートでは、胸毛・脛毛・ケツ毛は女性が最も嫌う部分だとあります。

そこでアンダーヘア処理を行うと、まず見た目が良くなります。

不潔感がないので性交渉も気持ちよく行えるでしょう。

また陰毛処理をすると男性器が大きく見えて、自信が持てるようにもなります。

女性に人気があるアンダーヘアの形

このヘアーデザインについても女性のアンケート結果が参考になります。

「男性に脱毛してほしい箇所は?」(複数回答可)

  • Vライン(フロント部分)(37%)
  • Iライン(門渡り部分)(31%)
  • Oライン(肛門・お尻)(37%)
  • アンダーヘア脱毛反対(37%)

こう見ますと、VIOそれぞれを適切に脱毛した方が良いと分かるでしょう。

そこで整える形ですが、クリニックやエステで行われているデザインとしては、フロント部分は性器を中心に楕円形にキレイにまとめるタイプが一番人気です。

女性もナチュラルな楕円形のデザインを好むとあります。

またお尻とI部分はキレイに脱毛すると高評価です。

特に肛門周りやお尻の表面にムダ毛があると気持ち悪がる女性が多いので注意しましょう。

アンダーヘアに対する女性の意見

こちらもアンケート回答を参考に考えてみます。

「どのくらい脱毛・剃毛ならOKか?」

  • ツルツル(アンダーヘア全脱毛)(11人)
  • みっともない部分を脱毛(49人)
  • デザインを整える(31人)
  • 自然のまま(9人)

アンダーヘアのツルツル脱毛は最近の流行ですが、女性の本音としてはナチュラルな感じで、しかも不快感を与えない程度に脱毛して欲しいと望んでいるようです。

ポイントは『ほどほどがいい』です。

【自宅版】男性のアンダーヘアの処理方法

ハッキリ言って、アンダーヘアの処理はカミソリやハサミがあれば自分でも可能です。

髭剃りの感じで、定期的にお風呂場で処理をすれば良いのです。

ただし、お尻の割れ目部分や股間の門渡り部分は鏡を使っても見にくいでしょう。

剃り残しも出やすいので自己処理をする場合は工夫しないとなりません。

ここでは、一般的に自宅で行えるアンダーヘアケアの方法をチェックしてみます。

それぞれにメリット・デメリットがあり、自分でできるかどうか?

ずっと継続する上で問題はないかを考えながら読んでください。

その1:ハサミでカット

剃るのではなく、形を整える感じでヘアカットする方法があります。

ヘアサロンで使っている小型ハサミなら、指がフックされて自在にカットできるでしょう。

フロント部分を格好良くデザインカットする場合に適しています。

ただし、肛門周りや門渡り部分のカットはちょっと難しいかもしれませんし、臀部のムダ毛をいちいちカットするのも面倒ではあります。

その2:カミソリで剃る

風呂場に大きめの鏡をセットして、後ろ向きでカミソリを使うと臀部や肛門周りのムダ毛をキレイに処理することができます。

しかし、カミソリの扱いが上手でなければ剃り残しが出ますし、皮膚を切ってしまう危険もあります。

また普段カミソリを当てない部分ですから、カミソリ負けなどの肌トラブルも出てくるかもしれません。

その3:トリマーや電動カッターで処理

今流行の電動カッター・トリマーであれば、かなりキレイにVIOの処理ができるでしょう。

ただしお尻の割れ目や性器周りを剃る場合に、ヘッドが大きいと上手に剃れません。

ポイントは小さなヘッドタイプのトリマーを選ぶ事です。

またお風呂場で使いたいということもありますので、防水加工のモノで、安全対策にスキンプロテクターがあるタイプを選ぶようにおすすめします。

ただし、電動カッター・トリマーはカッコイイデザインにするのにコツが要りますし、剃り残しも目立ちます。

また剃る頻度も非常に多いので、こまめな人向けの方法です。

その4:除毛クリーム、脱毛クリームを使う

最近は市販の除毛クリーム・脱毛クリームに効果の高いモノが増えています。

肌ケアに気を遣った成分を配合していて、肌トラブルが少ないタイプも多数出てきました。

この脱毛クリームで、抜いてしまいたい部分を根こそぎ脱毛することが可能です。

特にお尻から股間にかけてのゾーンはムダ毛が無い方が良いと考えている人が多いので、この部分を一気に脱毛してしまうのがおすすめです。

ただし永久脱毛ではないので、1,2週間後にまた生えてきます。

ですから定期的な脱毛が必要で、敏感肌の方はかぶれてしまうリスクもあります。

その5:ブラジリアンワックスを使う

効力の強い脱毛ワックス・ブラジリアンワックスなら、自宅でアンダーヘア処理をするのに利用できます。

ハチミツ配合で美肌効果も期待できますし、女性がVIO脱毛で良く使っていることから、男性にもメリットがあるでしょう。

ただし、キレイにデザインをする場合は練習が必要です。

また剥がす時はかなり痛いですし、人によっては肌荒れの原因になりますので十分注意してください。

その6:家庭用脱毛器で処理する

最近は性能のよい家庭用光脱毛器が増えてきました。

毛穴の中のムダ毛を熱で焼いて抜いてくれます。

熱で焼くといっても熱さや痛みを強く感じることはありません。

フェイシャルでも安心して使えるフラッシュライト脱毛なら、皮膚の薄い股間にも利用できるでしょう。

ただし一般的に家庭用の光脱毛器は出力が弱いので、毛の濃い方は利用できないかもしれません。

しかし、当サイトでも最もオススメしている「トリア」であれば、唯一の家庭用レーザー脱毛器なので、高い脱毛効果が実感できます。

クーポン付きで39,800円で購入出来る上に、カートリッジがないので買い切りで全身に使うことも出来ます。

痛みはありますが、最もコスパを重視したい方にはオススメできます。

【自宅以外版】男性のアンダーヘアの処理方法

このように自宅でもアンダーヘアの脱毛処理はできるのですが、デザインが格好良く決まらなかったり、処理残しが出てしまったり、あるいは肌トラブルで酷い目に遭ったりと問題点も多々あります。

何よりも処理するのが面倒だという意見は多いのです。

そこで、専門のクリニックや脱毛エステで本格的にアンダーヘアケアをするようおすすめします。

ここでは人気の処理法を2つ紹介しておきましょう。

その1:脱毛サロンでVIO脱毛を受ける

脱毛エステに通う男性の中で、VIO脱毛目的の方が非常に多くなっています。

そのメリットは望みのデザインで、しかも完璧に脱毛処理をしてくれることです。

つまり下半身のルックスがキレイに決まります。

また股間のムダ毛を処理する事でトイレ後の処理が非常にラクになりますし、衛生管理もバッチリです。

圧倒的に清潔感がアップするのもメリットです。

脱毛効果が3~5年持続するので、普段のケアの面倒から解放されて気分的にも爽快になります。

ただし剛毛の方は要注意、出力が弱いので抜けきらないケースもあるからです。

ちなみに費用は5~10万円で、10回前後・2年間かかることも知っておきましょう。

その2:クリニックで医療レーザーでVIO脱毛をする

医療用レーザーはエステの光脱毛器よりも数段強力なレーザーを照射させますので、脱毛効果はほぼ永久的に持続します。

これがクリニック脱毛の最大のメリットです。

永久脱毛効果は毛穴の毛根を完全に破壊させるからで、脱毛エステでは毛根を破壊する威力が出せません。

この効果によって施術部分が炎症を起こし、激しく痛みを伴います。

治療中は麻酔で痛みは感じませんが、術後のダウンタイムで苦労があるので要注意です。

費用は自費扱い、相場は10万円以上です。

また未熟な医師では患部の炎症が酷くなったり、完全に脱毛できていない部分も出たりとトラブルも生じますので、経験の豊富な腕の良いクリニックを選びましょう。

おすすめはVIO脱毛!今なら安価なサロン・クリニックもある。好きな箇所を綺麗に処理できて、濃さも自由。

自宅で行うアンダーヘア処理はとにかく面倒で、しかもなかなか格好良く決まりません。

そして頻繁に処理をする事で費用もそれなりに嵩んでしまい、トータルすれば数万円・数十万円となってしまうかもしれません。

ならば一発でキレイになるエステやクリニックのVIO脱毛がおすすめです。

熟練の担当医・エステティシャンが行うVIO脱毛は、仕上がりも効果の持続率も高くなり、10万円前後の費用も納得できるでしょう。

またエステでは格安脱毛を提供しているお店も増えていますので、リーズナブルにアンダーヘアケアが可能です。

まとめ:ヒゲやスネ毛だけでは清潔感アップにはならない時代です!

社会的なエチケットとして、生理的不快感を与えるムダ毛の適切な処理はステイタスの面でも重要な事項です。

たとえ普段は隠れているVIOのムダ毛でも、清潔感のあるカッコイイスタイルにキープしておきたいものです。

特に女性にモテたいのであれば、裸になった時の下半身のルックスは、顔と同等に重要ポイントになります。

本格的に決めるのであれば、やはりプロのデザインで完璧にケアしておくに越したことはないでしょう。

ただし、クリニック・エステサロンはしっかりと選ばなければ意味がありません。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛