ヒゲ脱毛後の泥棒ヒゲが続く期間と対策方法・剃り方は?

この記事の要点
  • 泥棒ヒゲは脱毛後に肌の奥に埋まった毛の燃えカス
  • 2週間以内に自然に戻ります
  • 泥棒ヒゲ時は、肌が敏感なので優しい髭剃りをしましょう
  • 泥棒ヒゲになるのが嫌な人は、なりにくい脱毛方法を選ぶのがおすすめ

泥棒ヒゲは脱毛後、肌の奥に処理後の毛が膨張して埋まっている状態です。

口周りのヒゲ部分が灰色~青みがかり、不格好に見えるので気になる方は多いようです。

泥棒ヒゲはレーザー脱毛を受けるたびに出来やすいものですが、2週間以内には自然に戻っていくので、時間が解決してくれる問題です。

しかし、

「泥棒ヒゲになるのが嫌でならない方法はないの?」

「もしなってしまったらどうすればいいの?」

と思う方もいると思います。

そこでこの記事では、泥棒ヒゲに関する様々な情報をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ケン
泥棒ヒゲはちょっと格好悪いですよね。。対策方法を知っておきましょう!

髭脱毛後の泥棒ヒゲの正体は、レーザー脱毛後のヒゲの燃えカスが膨張して目立ったもの

レーザー脱毛は、毛穴の毛根を一つ一つをレーザーで焼き切る方法です。

脱毛レーザーは高出力の光を毛穴の毛根部に照射する事で、ヒゲに含まれているメラニン色素を発熱させて、毛根を処理します。

小学校の理科の実験で、虫眼鏡で太陽光を集め、黒く塗った紙を燃やしたことがあると思います。

レーザー脱毛の原理はこれと全く同じです。

一点集中の光を照射された毛根は、ヒゲ自体が発熱して燃え尽きてしまいます。

そして、レーザー照射後の毛穴には切断されたヒゲや、ヒゲのカスが残ってしまいます。

もちろん毛母細胞はしっかりと破壊されていますから、そこから新しいヒゲが生えてくる心配はありません。いわゆる永久脱毛ですね。

また死んでしまった毛母細胞は、毛穴で再生する事もなくなります。

あくまでもヒゲの残骸が毛穴に取り残されているだけですので、それもやがてはキレイに毛穴の外へと出されていきます。

ただし、レーザー脱毛で生じる泥棒ヒゲは、高熱で焼け焦げたヒゲのカスが毛穴で膨張するので非常に目立ってしまいます。

特に髭が濃く毛量が多い人は、毛の量に比例して泥棒ヒゲ状態になりやすいです。

ケン
レーザー脱毛は光脱毛と比べて威力が高いので、なりやすいようです。

泥棒ヒゲはいつまで続く?→期間は大体2週間以内

クリニックで行っているレーザー脱毛の術後は、数日間、毛穴にヒゲ自体や燃えカスが留まります。

この状態が解消する期間は人それぞれに個人差がありますが、早い場合ですと3、4日でぽろぽろとこぼれ落ちますし、遅い方では2週間ほど残ってしまう事もあります。

泥棒ヒゲの状態は、この10日前後に限られているので、その点は安心できるでしょう。

ただし、レーザーによるヒゲ脱毛は2ヵ月に1回ぐらいのペースで行いますので、その度に泥棒ヒゲの状態は繰り返されます。

泥棒ヒゲ時は肌にやさしい髭剃りをしよう

レーザー脱毛でヒゲを抜いた場合、施術の直後は毛穴を始め肌のあちこちで肌荒れや炎症が起きています。

個人差はありますが、基本的には非常に敏感な肌の状態になっています。

その為にほとんどの脱毛クリニックでは、施術後の髭剃りを控えるように勧めています。

基本は、自然に抜け落ちるのを待つのがベストです。

しかし、その間にヒゲが伸びるのは仕方がありません。

それでは仕事上困ってしまうでしょう。

レーザー脱毛直後は髭剃りを控えた方が肌の保護になりますが、数日後以降であれば注意しながら髭剃りをする事が可能です。

ポイントは肌をいたわりながらヒゲを剃る事になります。

レーザー脱毛直後のヒゲは熱で柔らかくなっていますから、ヒゲにコシがなく剃り難い点も要注意です。

つまり、カミソリやシェーバーでカットし難いために、無理に力を入れて肌表面の細胞を傷つけてしまう可能性が高いのです。

そこで髭剃りをする際は、ちょっと多目にシェービングジェルを使って、肌の表面を保護しながら剃ります。

そして皮膚を引っ張るようにして手で押さえて、ヒゲを毛穴の外に出す感じでそっと剃るのがコツです。

フニャフニャになったヒゲはなかなか刃に掛かってくれませんが、焦らずに丁寧に剃っていきましょう。

泥棒ヒゲを抜くのは厳禁。次の処理時に効果が出なくなる為。

また、泥棒ヒゲが剃り難いからといっても毛抜きで抜くのは厳禁です。

なぜなら、脱毛中はレーザーが効いていない毛根は抜かないほうが良い為です。

ヒゲを抜いてしまった箇所は、脱毛の光やレーザーが作用しません。

次回の脱毛時に効果が出なくなってしまい、そこは治療後に再発毛してしまう事になるのです。

泥棒ヒゲを隠す方法2種

レーザーでヒゲ脱毛をしたあとは、そのまま放置しておいても1週間~2週間で自然と抜け落ちていきますが、髭の濃い人などは泥棒ヒゲ状態が醜いレベルまでに目立ってしまう事があります。

それをなんとかして隠したいという方も多いでしょう。

そこで、泥棒ヒゲの期間中に出来る対策は2つあるのでご紹介します。

マスクで泥棒ヒゲを隠す

一番簡単なのは大きめのマスクを着けることです。

10日やそこらマスクを付けっ放しにしていてもそこまで変な事ではありません。

またマスクをする事で、治療部分の保湿効果や紫外線予防の効果も得られますから、過敏になっている肌を守るメリットがあります。

BBクリームで泥棒ヒゲを隠す

あるいは、化粧品で目立たなくする方法もあります。

こちらは「BBクリーム」が最も手軽で、化粧慣れしていない方でも使いやすいです。

BBクリームとは、化粧下地やファンデーションを別々に使わず1本で出来る「オールインワンメイククリーム」です。

男性向けにも販売されており、泥棒ヒゲだけでなく、青ヒゲや目元のくま、シミなどを自然に隠す事ができるクリームです。

泥棒ヒゲを隠したい時には非常に役立つアイテムなので、今後クリニックでヒゲ脱毛を続ける予定の方は、1本持っておくのも良いでしょう。

ファンデーションなどは塗り方が分からない男性も多いと思いますが、BBクリームは気になる箇所に付けてなじませるだけなので、とても簡単です。

BBクリームの中で人気のアイテムは、ロフトなどでも販売されているNULL BBクリームです。

男性の肌色の合わせた色合いで自然に見えやすく、肌に優しい成分が配合されているのが特長です。

楽天ランキングでも1位を獲得するほどの人気商品で、口コミでも高評価な内容が多いです↓

↓実物はこんな感じです。

シンプルですが、オシャレなパッケージです。

↓塗り拡げて行くと、自然に肌に馴染んでいきます。

↓写真で塗っているのは腕ですが、泥棒ヒゲも自然に隠せます。

NULL BBクリームは、楽天などでも販売されていますが、公式サイトで購入すると少し安く買えるのでオススメです。※NULLのLINE@加入で300円割引になります。

泥棒ヒゲにならない・なりにくい脱毛方法

そもそも、泥棒ヒゲが絶対に嫌だと言う場合は、泥棒ヒゲにならない・なりにくい脱毛方法がオススメです。

その1:光脱毛(フラッシュ脱毛)

まずは光脱毛(フラッシュ脱毛)です。

一度に広範囲を脱毛できますが、レーザー脱毛器と比べて威力が弱い為、泥棒ヒゲになりにくいです。

脱毛サロンで受けられるのはほぼ光脱毛

光脱毛が受けられるのは、脱毛サロンになります。脱毛サロンで受けられる脱毛はほぼ99%が光脱毛だと思って間違いないです。

威力がやや弱い為、通う回数は多くなりますが、痛みも少なく泥棒ヒゲにもなりにくいです。

ちなみに、管理人は脱毛サロンのRINX(リンクス)に通っていますが、泥棒ヒゲになったことは一度もありません。

今なら人数限定ですが、ヒゲ脱毛全体10回が59,800円の格安で通えるキャンペーンが実施されているので、ヒゲ脱毛に興味のある方は通ってみるのもおすすめです。

ヒゲ脱毛,RINX

※中途解約も可能なので、途中で9割程の返金も可能です。

その2:ニードル脱毛

次にニードル脱毛です。

ニードル脱毛は毛穴に細いプラスチック状のようなものを入れて毛根を焼き、1本1本毛をその場で抜いていく脱毛方法なので、100%泥棒ヒゲにはなりません。

すぐに脱毛効果が出ることと、デザインもしやすいので、一部の方には人気の脱毛方法です。また、白いヒゲや日焼け状態でも使用できるメリットがあります。

ただし痛みが強いのと、広範囲になるとやや高額になりやすいと言うデメリットもあります。

ニードル脱毛ができるのはサロンとクリニックになりますが、光脱毛やレーザー脱毛と比べると比較的取り扱っているところは少ない印象です。

サロンであれば、メンズTBCダンディハウスがニードル脱毛を実施しています。

こちらはお試し体験であれば安価な価格で受けられます。

特にメンズTBCは、今ならヒゲ150本が19,500円→1000円(キャンペーン時は500円)で受けることができるので、興味のある方は一度体験してみると良いでしょう。

【痛い】メンズTBCで500円ヒゲ脱毛体験!痛みや効果・料金(総額)は?

2017年8月13日
※メンズTBCのニードル脱毛は「スーパー脱毛(美容電気脱毛)」といい、従来のニードル脱毛を進化させた脱毛です。大まかな仕組みは変わりませんが、通電時間が圧倒的に短くなった点と、毛穴に挿入する先端が丸い極細の器具(毛穴より細い)が進化したため、痛みが大幅に軽減され時間も短縮されています。

まとめ

泥棒ヒゲは、レーザー脱毛をした際に毛穴の奥に残ったヒゲやヒゲのカスが膨張したもので、口周りが灰色~青がかって見えてしまう状態の事です。

威力の高いレーザー脱毛をは熱量がやや強い為、こういった現象が起きやすいです。

見栄えがやや悪い泥棒ヒゲですが、自然に過ごしていれば2週間以内には抜け落ちますので、その点は安心して大丈夫です。

もしその間に顔を見られるのが嫌な方はマスクやBBクリームなどで隠すのがオススメです。

また、泥棒ヒゲはデメリットだけでなく、レーザーが効いている証拠でもあるので、良い傾向でもある事は覚えておきましょう。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です