ヒゲ脱毛の間隔・頻度は1〜2ヶ月に1回。期間はどこまで脱毛したいかで変わります。

エステサロンやクリニックで行われているヒゲ脱毛ですが、高い効果が期待できる半面、一度の施術で納得できる状態まで持っていくのは難しいです。

何度か通うことで徐々に効果が実感できます。

ではひげ脱毛にどのくらいかかるのか、どのくらいの頻度で施術を受けるべきかについてあらかじめ理解しておきましょう。

ヒゲ脱毛に通う間隔・頻度は大体1〜2ヶ月に1回

ヒゲ脱毛は1度に納得できる仕上がりにはならないので、何度か施術を受ける必要があります。

できるだけ早くひげを処理したければ、短期間にどんどん施術を受ければいいと思っている人もいるでしょうが、それは違います。

なぜ何度か施術を受けなければならないのか、それはヒゲの成長度合いが関係しています。

いつも見ているとひげに変化がないような気がするかもしれません。

しかし成長して抜け落ちて、また生えてくるサイクルを一定のペースで繰り返し行っています。

ですから皆さんの目に見えるひげだけがすべてではないのです。

ヒゲが抜け落ちてしまって、何も生えていない毛穴にも実はひげが潜んでいます。

ヒゲ脱毛でポピュラーなのは、レーザー脱毛や光脱毛です。

このいずれもヒゲの黒に反応して光線を集中させ、毛根を破壊する方式をとっています。

もしひげが抜け落ちた状態でいくら光やレーザーを照射しても、効果はないわけです。

しかもひげが抜け落ちて、その翌日にすぐに生えてくるわけではないです。

また特に医療レーザー脱毛の場合、施術を受けると肌がダメージを受けます。

日焼けをしたような状態になるため、ダメージから回復するためにある程度の時間が必要です。

そのインターバルを考えると、ある程度期間をあけて次の施術を受けるべきです。

ヒゲ脱毛の施術間のインターバルですが、だいたい1〜2ヶ月に1回程度が理想的です。

次の施術をいつごろにすればいいか、担当者からアドバイスを受けて、自分のスケジュールと照らし合わせながら予約をするといいでしょう。

ヒゲの毛周期とは?

ヒゲ脱毛を受けるにあたって、ある程度のインターバルが必要な理由として、一種のサイクルがあるからだと紹介しました。このサイクルを毛周期といいます。

ヒゲは生え始めて成長していく期間があります。

そしてある程度伸びたところで退行期といって、成長が鈍くなる期間を次に迎えます。

そしてヒゲは脱落して、いったん成長を止める休止期に入ります。

休止期を一定期間経ると、また同じ毛穴からひげが生えていって成長するというサイクルを繰り返しているのです。

ちなみに男性の場合口元から頬にかけて多くのひげが生えています。

この中でも脱毛可能なヒゲは成長期のものだけといわれています。

退行期や休止期に入っているひげの場合、発毛に大きく関係している毛乳頭という組織にまでレーザーや光のエネルギーが到達しにくいです。

このため、脱毛効果が得られません。

だいたいヒゲの中でも成長期を迎えているのは、全体の20%程度といわれています。

つまりいくら効果の高い脱毛機器を使っても処理できるのは2割程度です。

よって施術を受けてしばらくすると、別のところからひげが生えてきてしまって、再度施術を受ける必要があるわけです。

成長して退行期を迎え、脱落して休止期に入り、また成長期に突入する。

このサイクルをだいたいヒゲの場合1〜2ヶ月程度かけているといわれています。

1回施術を受けたら、1〜2ヶ月インターバルをあけたほうがいいと先に紹介しましたが、このサイクルに合わせるからです。

ヒゲ脱毛が完了する期間は1年半~2年。ただし減毛なら短期間。

先ほども紹介したように、1回のひげ脱毛で取り除けるのは多くて全体の20%程度といわれています。

ということは2回目の施術で残るひげは64%となります。

以下順に3回51%・4回41%・5回33%となっていきます。

この計算に基づくと、5回目のひげ脱毛で施術前の2/3は脱毛できている計算になるわけです。

ここまでくると、だいぶヒゲの生え方に違いがみられるようになっているはずです。

鏡を見たときの無精ひげの生え方やひげ剃りにかかる時間もかなり短縮化できているはずです。

ただしまだ完全にツルツルの状態にはなっていないでしょう。

10回くらい照射をすると、だいたい施術前のひげの90%が脱毛できているはずです。

このレベルまで行くと、ひげ剃りを毎日行う必要がなくなって、数日に1度のペースでも十分です。

もともとひげの薄かった人であれば、これくらい施術を受ければ、ほぼツルツルの状態になるでしょう。

ちなみに上で紹介した間隔で施術を受けた場合、10回目は大体1年半から2年目くらいになります。

ヒゲ脱毛が完了する期間は、これくらいだと考えましょう。

ただし、ヒゲの量を減らす「減毛」で十分なら、受ける回数も減るのでその分期間も短くなります。

クリニックとサロンで期間は異なる

ヒゲ脱毛を行っているのはクリニックとエステサロンです。

一般的にヒゲ脱毛の期間はクリニックの方が短いです。

医療レーザー脱毛ができるのは、医者など医療関係の資格を持った人に限定されます。

出力もそれなりに強いですから効果も高く、より短い期間で脱毛できるわけです。

エステティシャンは民間資格を持っていても医師免許を持っているわけではないので、医療行為はできません。

出力の抑制された光脱毛が中心ですから、クリニックと比較するとどうしても時間がかかってしまいます。

このあたりを理解したうえで、どこでヒゲ脱毛の施術を受けるか検討しましょう。

まとめ

ヒゲ脱毛を1回行えば、ツルツルの状態になれると勘違いしている人もいますが、ひげの成長サイクルがありますから、どうしてもある程度繰り返し施術を受ける必要があります。

先ほど紹介したように一般的にはヒゲ脱毛にかかるのは1年半から2年程度です。

しかし中にはひげの濃い方もいて、この場合さらに時間がかかるかもしれません。

カウンセリングで医師やエステティシャンから十分な説明を受けて、施術に当たりましょう。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛