ヒゲ脱毛(医療脱毛)に医療費控除や保険は使えません。安い場所で受けよう。

このページの要点
  • ヒゲ脱毛(医療脱毛)で医療費控除や保険が適用されるのは不可。
  • 医療費控除が受けられるかどうかは「治療目的」かどうかが大切。「美容目的」では難しい。
  • ヒゲ脱毛の費用が気になる場合は、安価なサロンやクリニックでヒゲ脱毛を受けるのがおすすめ。

男性も近年では医療機関のクリニックで脱毛をする方が増えてきています。

その中でも人気のコースにヒゲ脱毛があります。「剃り跡が青々とするのが嫌」「ヒゲ剃りの時間を節約したい」といった要望で施術を受ける方が多いです。

ヒゲ脱毛の中でも高い効果が期待できるのが、クリニックの医療レーザー脱毛です。費用もそれなりにかかる為、医療費控除や保険を受けられるかどうか気になる方も多いと思います。

ただ、結論から言うとヒゲ脱毛は見た目をよくする「美容目的」で実施される為、医療費控除を受ける事はできません。

医療費控除を受けられるのは、病気やケガなどの治療を目的にしたものだけになります。ですので、基本的にはヒゲ脱毛はこういった制度を使えず、全額支払うものだと思っておきましょう。

この記事では、ヒゲ脱毛(医療脱毛の場合)と医療費控除について詳しくまとめてみました。

メンズ脱毛ひつじ
ヒゲ脱毛の料金が気になる方は、最後でも説明していますが安いサロン・クリニックを選ぶと言う方法もおすすめです。

医療費控除とはそもそもどんな制度?

医療費控除を簡単に説明すると、高額医療を受けた場合、その費用の一部が還付されるシステムです。

1 医療費控除の概要
その年の1月1日から12月31日までの間に自己又は自己と生計を一にする配偶者やその他の親族のために医療費を支払った場合において、その支払った医療費が一定額を超えるときは、その医療費の額を基に計算される金額(下記3参照)の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

引用:国税庁

医療費控除の基準は年間で10万円を医療費として負担した場合です。ちなみに所得金額が200万円未満の場合には、年間の所得金額の5%を超えた場合に適用されます。

もし所帯持ちの場合には、家族の医療費もすべて加算して上で紹介した基準を超えた場合、医療費控除を受けられます。控除できる金額は最大で200万円までになります。

医療費控除を受けるには、毎年2月中旬から3月中旬に実施される確定申告時に、税務署で所定の手続きに従って申告をすることで医療費控除が受けられます。

サラリーマンの場合、すでに源泉徴収という形で税金を支払っているはずなので、確定申告をすれば余計に徴収した税金がある場合還付されます。

ヒゲ脱毛は美容目的の医療行為なので、医療費控除の対象になりません。

そして、ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)がこの医療費控除の対象行為になるかどうかですが、結論から言うと、ヒゲ脱毛(メンズ脱毛)はたとえクリニックで医療レーザー脱毛で施術を行ったとしても医療費控除の対象にはなりません。

医療費控除は医療行為全般ではなく、病気やけがの治療を目的としたものに限定されています。

ヒゲ脱毛は見た目を良くする事を目的とした治療であって、それを行わないと健康などを害するなどと言った事はないです。このため、ヒゲ脱毛で医療費控除を適用することはできないわけです。

例外として「多毛症」の治療で医療費控除が受けられた例はあるようです。

ただ、例外として「多毛症」と呼ばれる、本来より濃く毛が生えすぎてしまう病気の治療を実施した際に、医療費控除を受けられた事例があるようです。ただし、これは女性の例ですし男性には当てはまりにくいので、あくまで例外として参考にしない方が良いでしょう。

保険(健康保険・医療保険等)も適用されないと思っておきましょう。

また、中には生命保険医療保険、健康保険に加入している人も多いでしょう。

何らかの治療を受けた場合に、給付金が受けられるような契約もあり、給付金は保険診療外の先進医療なども対象になります。

髭の医療レーザー脱毛をした場合、保険金が下りないかと思う方もいるでしょう。これはどのような契約内容になっているかによって違ってきますが、先述した医療費控除と同様に、基本的には近年の保険のコースでは、ヒゲ脱毛で給付金の下りることはまずないといっていいです。

ただしもしかすると契約内容によっては、医療レーザー脱毛で給付金が下りる可能性もゼロではないです。

契約書を見直してみる、保険証書などが紛失してよくわからない場合には加入している保険会社に確認を取るといいでしょう。

医療費控除・保険が使えないヒゲ脱毛は安く受けられる所もある。

このように、ヒゲ脱毛(医療脱毛)は基本的に医療費控除や保険を使う事はできないので、全額実費で支払うものと思っておきましょう。とは言えヒゲ脱毛はやや高額のお金がかかる行為です。実施する箇所にもよりますが、10万円以上かかる事も珍しくありません。

ただし、ヒゲ脱毛はサロンやクリニックによって料金に大きな違いがある為、安価な価格で提供しているサロンやクリニックなら、医療費控除や保険が使えなくても安くヒゲ脱毛を実施することができます。

ヒゲ脱毛を安価に受けるのであれば、ドクターコバ」「ゴリラクリニック」「湘南美容外科」「RINX(リンクス)などがオススメです。

ヒゲをツルツルにしたい方はドクターコバ(首以外のヒゲが無制限約10万円)、ゴリラクリニック(首含めたヒゲが3年制限なしで約17万円程)。

減毛したい方は湘南美容外科(3箇所6回で29,800円)

痛くない脱毛&減毛したい方はRINX(ヒゲ全体10回59,800円※キャンペーン時)なら、比較的安価にヒゲ脱毛が受けられます。

※ただしRINXはサロンですので、クリニックの脱毛と比べると脱毛効果はやや弱いです。

まとめ

紹介してきました通り、ヒゲ脱毛を医療レーザー脱毛を実施しても、医療費控除と保険は基本的に適用外になります。

ですので、料金は基本的に全額負担しなければならないことを頭に入れておきましょう。

ただ、サロンやクリニックによってヒゲ脱毛の料金は大きく変わるので、安いところを選ぶ事はできます。もしヒゲ脱毛(メンズ脱毛)を実施する際は、お得な価格で実施している所を選んでみると良いでしょう。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛