ヒゲ脱毛や髭剃り負けで毛嚢炎になって痛い!原因や治し方

出典:第一三共ヘルスケア

きれいになるための髭脱毛や髭剃りなのに、ニキビのような赤いブツブツができてしまうことがあります。

これはニキビのように見えて、実は毛嚢炎(もうのうえん)という別の症状です。

見た目が悪いだけでなく、悪化するととても痛いこともあるので、原因と治療法を知って早い改善を目指しましょう。

ニキビとは違う毛嚢炎とは

出典:美女肌計画

ニキビのように赤いブツブツが髭の剃り跡にできることがありますが、これは毛嚢炎といってニキビとは違う原因で発症する炎症です。

ニキビはアクネ菌などの異常繁殖によるもので、毛穴に詰まって酸化した皮脂が原因です。そのため、皮脂がたくさん分泌される顔や背中などによくできます。

毛嚢炎も細菌による炎症ですが、アクネ菌ではなく黄色ブドウ球菌が原因です。黄色ブドウ球菌は誰の肌にも存在する常在菌なのですが、髭脱毛や髭剃りなどで肌に傷ができると、その傷口から侵入して内部で異常繁殖をします。

つまり、どちらも細菌の仕業によるもので似たような症状を引き起こしますが、原因菌が異なるので治すには異なるアプローチが必要なのです。

軽度の毛嚢炎は特別なケアをしなくても1週間ほどで自然に治ることが多いのですが、髭脱毛や髭剃りでは毛穴の奥の毛包までダメージを受けることがあり、そのため重症になりやすいという特徴があります。

重症になると痛いだけでなく発熱することもあり、自己治療が難しくなるでしょう。

髭剃りによる毛嚢炎の原因

上で見たように、毛嚢炎は黄色ブドウ球菌の異常繁殖による炎症なのですが、同じ髭剃りでも電気シェーバーよりカミソリを使う人の方がなりやすいです。

電気シェーバーは肌への当たりがソフトで、特に最近のシェーバーは皮膚を引っ張らないように工夫されているので、毛嚢炎になることはそんなにありません。

しかし、カミソリによる髭剃りでは、刃を直接肌に当てて削ることになるので、皮膚が引っ張られて傷ができやすいばかりか、髭だけでなく皮膚の角質層まで削ってしまいやすいのです。

特に劣化した刃で剃っていると、肌を不必要に引っ張って傷つけやすくなりますし、刃に付着した錆びや雑菌などが皮膚に侵入するリスクもあります。

また、肌のコンディションによっても、毛嚢炎になりやすい人となりにくい人がいて、特に乾燥肌の人の場合、肌がちょっとした刺激で傷つきやすくなっているので注意が必要です。

最初は軽度の炎症でも、放置して髭剃りを続けていると症状はどんどん悪化してしまいます。

髭脱毛による毛嚢炎

髭脱毛で毛嚢炎が起こる仕組みも、上で見た髭剃りの場合と同じです。

髭脱毛には光やレーザーを照射する方法がありますが、この方法による脱毛は、強い光を照射してその熱で毛根を破壊します。

その温度は光脱毛で約70度、レーザー脱毛ではなんと250度にもなりますから、そんな毛根が破壊されるほどの高熱を皮膚に与えると、毛根だけでなくその周囲の皮膚まで大きなダメージを受けるのは当然です。

ダメージを受けた皮膚はバリア機能が低下し、傷口から細菌が侵入して毛嚢炎などの感染症を起こしやすくなります。

サロンやクリニックで髭脱毛を行う場合、事前のカウンセリングでリスクとして説明しており、毛嚢炎にならないように光を照射すると同時に素早く肌を冷却するという対策を取っていますが、それでも完全に防げるわけではありません。

髭脱毛の施術を受ける場合は、こうしたリスクがあることをよく理解しておきましょう。

施術自体に問題がなくても、脱毛後の自己ケアが不十分で毛嚢炎になることもあります。

脱毛後のケアについてもカウンセリングで説明されるはずなので、それに従って十分気を付けてください。

また、脱毛した箇所を手で触ると、手に付着していた雑菌が毛穴から侵入することがあります。

抜け残った髭を自分で引き抜く人もいますが、雑菌だけでなく皮膚がますます傷ついてしまいます。

施術後はすぐに抜けずにある程度の時間が経ってから自然とぽろぽろ抜けることが多いので、抜きたい気持ちはやまやまですが、触らないようにという医師の指示があるのなら素直にそれに従いましょう。

なお、髭脱毛の種類によっては毛嚢炎になりにくいものがあります。

皮脂の多い人や乾燥肌の人など普通より毛嚢炎になりやすい人もいますが、最新の脱毛機器を用いるクリニックによる施術なら、レーザーの照射を短時間でピンポイントに行うため、皮膚にかかる負担が従来より大幅に軽減しています。

髭脱毛をする時は、どんな機器や方法を用いるのかまで調べて検討するとよいでしょう。

毛嚢炎の治し方

軽度の毛嚢炎なら、特に何もしなくても時間が経てば自然に治りますが、ヒリヒリや赤みがなかなか引かなかい時は、皮膚科を受診するのが一番です。

髭脱毛をクリニックで受ける場合は、皮膚科の診療もそこでできますから、施術を受けたところで診てもらうのがよいでしょう。

皮膚科では、毛嚢炎の治療薬としてステロイド外用薬、抗真菌薬、内服の抗生物質などが処方されます。

髭脱毛は保険外の施術ですが、毛嚢炎は保険診療ですので費用の面はそれほど心配ないでしょう。

処方された薬を使って医師の指示通り過ごしていれば悪化することは少ないですが、稀に膿が溜まり重症化して手術が必要になることもあります。

なお、市販薬にも毛嚢炎に効果が期待できるものがありますが、市販のステロイド外用薬は用いない方が賢明です。

ステロイドには免疫を抑制させる作用があり、その作用のおかげで炎症を鎮めることができるのですが、塗り過ぎて皮膚の免疫が抑えられると、かえって症状が悪化してしまうこともあります。

ステロイド外用薬は医師に処方されたものだけを使用するようにしましょう。

Amazonで買える毛嚢炎の市販薬

このテラマイシンR軟膏aは、ステロイド不使用の毛嚢炎の市販薬です。

価格も500〜600円ほどと手頃です。

本来は医師に処方された薬を使用するのが望ましいですが、クリニック以外で脱毛をして毛嚢炎が出来た場合などに、使用してみるのもでしょう。

テラマイシンR軟膏aはこちら

毛嚢炎の治療中に気を付けること

毛嚢炎の予防や改善に最も大切なのは清潔を保つことです。

汗はこまめに拭き取り、下着や布団など肌に直接触れるものは汚れる前にこまめに洗濯します。

また、お風呂で顔や体をしっかり洗うことは大切ですが、その際、刺激の強い石鹸やボディーソープを使ったり、スポンジやタオルでごしごしこすって洗ったりは厳禁です。

肌への刺激をできるだけ抑えることを意識してください。

できれば髭剃りも当分しない方が無難です。

仕事などで髭を剃らないわけにはいかないという場合は、カミソリではなく電気シェーバーを使ってください。

最もやってはいけないのは、ニキビのように指でつぶすことです。

傷口が化膿して周辺の皮膚組織までダメージを受けてしまい、治ってもクレーターのような跡が顔に残ってしまいます。

なお、つぶしてはいけないのはニキビでも同じことです。

指でつぶすことはリスクが高いだけで、プラスは何一つないと覚えておきましょう。

なお、即効性のあるものではありませんが、今後毛嚢炎など肌トラブルを防ぎたいのであれば、生活習慣の見直しも行ってください。

乱れた食生活や睡眠時間は、免疫力を低下させ肌の調子を悪くする大きな原因です。

ビタミンCやビタミンE、ポリフェノールなど抗酸化物質をしっかり摂取しながらバランスの良い食事を心がけましょう。

毛嚢炎が出来たら洗顔と保湿で肌を清潔に保とう

毛嚢炎ができた時は、洗顔と保湿で肌を清潔に保つことが重要です。

参考:【医師監修】毛嚢炎になってしまったときの治療とは? | スキンケア大学

その為には洗顔化粧水選びが大切です。

やはり男性には男性向けの洗顔・化粧水がベストなので、こちら↓の「バルクオム」のような男性専用コスメでスキンケアをするのもおすすめです。

BULK HOMME

洗顔+化粧水(各1ヶ月分)+ボトル+乳液2日分の6,100円分の商品が今なら500円(全額返金保証付き)で試すことができるので、バルクオムで一度スキンケアをしてみるのもいいでしょう。

濃密な泡の洗顔が優しく肌を洗い、8つの美容成分でしっかりと肌を潤します。

累計100万本売れていて、美意識が高く肌を綺麗にしたい男性に今人気急増中のメンズコスメです。

※今なら全額返金保証付きなので、リスクなしで試せます。

まとめ

髭脱毛や髭剃りで毛嚢炎になるのは、肌がダメージを受けてバリア機能が衰えることが原因です。

軽度なら短期間で自然に治りますが、悪化すると皮膚科で治療してもらわなければなりません。

ふだんの髭剃りでは、なるべく肌にダメージを与えないことを意識し、雑菌が繁殖しないように常に清潔を心がけてください。

そして毛嚢炎を治す為には、肌を清潔に保つことが大切です。その上で、毛嚢炎用の薬を使用したりしながら治療を進めてみてください。

ゴリラ脱毛は痛いけど脱毛効果あり!毛嚢炎になっても薬が貰えるので安心です。

2019年3月10日

髭剃りの肌荒れ・ニキビを治すには薬・クリーム・皮膚科?

2018年8月16日

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛