ヒゲ脱毛は日焼け状態だとヤケドする!?日焼けの程度によっては可能?

男性の間でもエステサロンやクリニックに行ってムダ毛の処理をするのは珍しくなくなりました。

その中でも特に人気の施術はヒゲ脱毛です。ヒゲ脱毛の施術を何度も受けると効果も高く期待できます。

しかし日焼けをしていると施術を拒否される可能性もありますから注意しなければなりません。

ヒゲ脱毛は日焼け状態だとヤケドをしやすい

ヒゲ脱毛の中でもクリニックで行われる医療レーザー脱毛は、特に高い効果が期待できます。

この医療レーザー脱毛、ムダ毛の色である黒に反応するレーザー光線を使います。

レーザーをムダ毛に集中することで、そのエネルギーにより毛根を破壊します。

これが医療レーザー脱毛でひげを処理できる仕組みです。

ところが肌が日焼けをして浅黒くなっていると、レーザーが肌にも反応してしまいます。

その結果、肌がレーザーによってダメージを受けてしまうのです。

ひどくなるとやけどをしたような状態になりかねません。

そのようなことになれば、クリニックが責任を負うことになってしまいますから日焼けしている人には施術を拒否するわけです。

あとで詳しく見ていきますが、日焼けの程度によっては医療レーザー脱毛を行える場合もあります。

ただしこの場合でも、レーザーの出力を弱くするなどして肌にできるだけダメージを与えないようにケアします。

出力を弱めれば、脱毛の効果も弱まってしまいます。

その分自分が納得できる状態まで持っていくのに時間がかかりますし、施術回数も増え、余計なコストを負担しなくてはなりません。

ヒゲ脱毛の施術期間中は、日焼け対策をしっかり行うことです。

ヒゲ脱毛ができない日焼けの目安

上で見たように日焼けをしているとヒゲ脱毛を断られるケースも出てきます。

しかし軽度の日焼けだと施術を行えるケースもあります。

ではどの程度日焼けしてしまうと、医療レーザー脱毛は受けられなくなるのでしょうか?

日焼けといっても肌が黒く変色しているかどうかという単純なレベルではないです。

一見すると日焼けしているような状態ではないけれども、紫外線を受けて肌は多少なりともダメージを受けています。

このためドクターチェックに引っかかる可能性はあります。

インターネットに紹介されていた体験談の中には「お花見のシーズン、曇りが中心の天候で日中外出していました。日陰の下にいた時間帯が多く日焼け止めを塗っていなかったのですが、ドクターから『これ以上日焼けするとできなくなる可能性がある』といわれてしまった」というコメントもみられます。

このように自分が思っているよりも医療レーザー脱毛に関する日焼けの基準はシビアです。

日中外出する際には、しっかり日焼け止め対策をすることが大事です。

ヒゲ脱毛をする前には日焼け止めを使おう

ヒゲ脱毛を続けるために日焼け対策をするのなら、まず日焼けしやすい時間帯・シーズンには外出しないことです。

まず夏場の日中は大量の紫外線が地上に降り注いでいます。

ですから不要不急の外出は避けるべきです。

晴れの日はもちろんですが、曇りの日でも晴れよりは少なくても十分紫外線は降り注いでいるので油断大敵です。

また冬場にウィンタースポーツをする人もいるでしょう。

この場合も日焼け止め対策をしっかり行うことです。

日光が雪に反射するため、思った以上に紫外線を体に浴びるからです。

しかし上で紹介したタイミングでも、外出せざるを得ないこともあるでしょう。

その場合には日焼け止めクリームを塗るように心がけましょう。

特に5~9月にかけては紫外線が強くなるといわれています。

この時期に日中外出する場合には、天候関係なく日焼け対策をすべきです。

特に7~8月は年間で最も紫外線が多くなる時期ですから注意が必要です。

夏場長時間日中外出する際には、日焼け止めクリームを持参して、何度か塗り直すことです。

夏場は猛暑になりがちで大量の汗をかくため、せっかくのクリームも流れ落ちてしまうからです。

ですからこまめにクリームを塗り直す必要があります。

メディオスターNeXTなら日焼け状態でもヒゲ脱毛可能

医療レーザーによるひげ脱毛は日焼けをしていると施術を拒否される可能性があります。

しかし例外もあります。

それはメディオスターNeXTによるヒゲ脱毛です。

外部リンク:メディオスターNeXT PRO導入 | ヒゲのゴリラ脱毛

ドイツの医療用機器メーカーが販売している脱毛器のことで、ムダ毛にピンポイントでレーザーを照射できます。

肌にメラニン色素があっても、肌にダメージを与えることなくムダ毛の処理ができます。

医療レーザーでヒゲ脱毛をした人の体験談を見ると、「施術中かなり痛かった」というコメントがしばしばみられます。

なかには耐えられないほどの痛みを伴ったという口コミもみられるほどです。

しかしメディオスターNeXTの場合、従来のレーザー機器と比較すると痛みの程度が低いといわれています。

従来と根本的な脱毛の手法が異なるため、痛みが発生しにくいわけです。

ほかのクリニックで医療レーザー脱毛を受けたところ、激しい痛みを伴った、笑気麻酔が必要になった場合などはメディオスターNeXTにスイッチしてみるといいでしょう。

肌にダメージを与えずに済むということは、もともと肌質の弱い人でもメディオスターNeXTなら施術を受けられる可能性があります。

メディオスターNeXTの場合、レーザーによる熱は肌の表面にとどまらず、皮膚の奥深くに浸透します。

このためレーザー照射後のヒリヒリした感覚がありません。

肌へのダメージがほとんど起こらないので、敏感肌の方でも安心してヒゲ脱毛をお願いできるわけです。

このようにメディオスターNeXTであれば、日焼けした肌でもひげ脱毛を行うことは可能です。

しかしあまりに度を超えた日焼けをしている場合などは施術を拒否される恐れがありますから注意が必要です。

まとめ

このようにメディオスターNeXTを除き、原則ヒゲ脱毛を医療レーザーで行う場合、日焼けをしていると拒否される可能性があります。

ですからヒゲ脱毛の期間中は、十分な日焼け止め対策をすることです。

日中外出する際には、日焼け止めクリームを塗る、帽子や日傘などでできるだけ紫外線を浴びないようにするなどの対策をしましょう。

晴れの時はこのような対策をしても、曇りで日光の届かない場合には、クリームを塗らなくても大丈夫だろうと油断する人もいます。

しかし曇りでも特に夏場はそれなりの紫外線が地上に降り注いでいますから油断は大敵です。

知名度の高い人気のサロン・クリニック

↓1,000円で体験できる老舗のサロン。日焼け・白髪状態でも脱毛できます。

↓最大手のメンズ脱毛サロン!安い・痛くない、素敵なサロン様です。
RINX

↓3部位とは言えレーザー脱毛6回29,800円は安いです。。
オトコの根こそぎレーザー脱毛